ホンダ・モンキー125 最新情報 モンキー初登場から現在までの流れ!


ホンダ モンキー5 0ccの歴史から125ccまでの最新情報!

 

ホンダ モンキー

 

今も愛され続けるホンダ50ccから125ccモンキー

 

1961年、初代モンキーは「多摩テック」の遊具として誕生した

 

初代 ホンダ モンキー

ホンダは世界中に愛されるたくさんの魅力的なバイクを生産してきましたが、その中でもっとも素晴らしい実績を誇り、圧倒的な生産台数を誇ったのが「ホンダ スーパーカブ」である事は間違いありません。

ホンダ スーパーカブ

 

スーパーカブは商用的にもみんなのアシとして愛されてきました。
「ホンダ・モンキー」も愛され続けてています。
ホンダ・モンキーは趣味性が強く、それだけにバイク愛好家に親しまれてきたのです。

 

モンキーは1967年に日本デビューしました。年号でいえば昭和42年、いまから50年以上前のことです。その後3世代にわたって進化しながら愛されてきました。2017年の8月に生産が終了。

 

モンキーは、カスタムの素材としても人気を誇っています。モンキーファンの多くが、オリジナルのセンスでの改造を楽しんでいるようです。

 

 そのためにモンキーを改造するパーツが市販されています。ガソリンタンクやシートやハンドルといったドレスアップパーツもたくさん販売されていますし、サスペンションやエンジンに手を加えるようなチューニングパーツも、夥しい(おびただしい)種類が準備されています。

 

 

 もっと過激に、パイプフレームを延長したり、車高を高くしたり、まったく別物に変えてしまうような趣味の人も少なくありません。モンキーを楽しむスタイルは様々なようです。それほどバイクライフを楽しむのに適しているといえるのかもしれません。

 

 

ホンダ カブもモンキーと同じようにカスタムを楽しむ人が多くスーパーカブをカスタムした仲間どうしでツーリングを楽しむ人が増えています。

 

ホンダ スーパーカブ カスタム

 

モンキーは本田技研工業が建設したレジャー施設「多摩テック」の遊具として1961年に誕生した。

 

スーパーカブで定評のあった空冷4ストローク50cc単気筒エンジンを搭載し、コンパクトな車格と相まって誰もが簡単に運転でき、バイクを走らせる楽しさとおもしろさを体感できる乗り物です。

 

1961年に登場した モンキーZ100

1961年に登場した モンキーZ100

 

1967年式Z50M

 

モンキー 1967年式Z50M

 

バイク処分 大分市

 

北米や欧州にも輸出され、その後1967年に国内販売を開始。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モンキー125 パールネビュラレッド

 

モンキー125 バナナイエロー

 

ホンダ モンキー125エンジン

タウンユースを考え、4500〜6000回転あたりの出力特性にこだわった空冷4ストローク124cc OHC単気筒エンジン。

 

フレームや燃料タンクだけでなく、フォークのアウターチューブやスイングアーム、リアショックスプリングまで及ぶ美しいペイント。メッキ処理された前後フェンダーやマフラーガード。LEDヘッドライトとウィンカー、テールランプ。白黒反転液晶のメーター。丁寧に作り込まれた高級感あるディテールは実用性のみならず趣味性も高く、所有欲をしっかりと満足させる仕様になっている。

 

モンキー125 の口コミ・レビュー

 

原付一種である先代のZ50系と比較するとモンキー125は車体が大きい。
時速30km制限や二段階右折に縛られることもなくスムーズに運転ができます。

 

大分市・大分市近郊・大分県内での原付バイク処分・バイク処分から
廃車無料手続きの事ならおまかせ下さい。

 

市役所・軽自動車協会・陸運局などへの面倒な廃車手続きお客様の変わりに代行手続きいたします。

バイク廃車処分・廃車手続き無料!

 

電話 お問い合わせ先

メールでのお問合せ・ご依頼24時間受付けています。
バイクに関するお問合せご依頼お申込はこちら!
お問合せ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)