ホンダ 原付Dio 年式早分かり表!

ホンダのディオのモデル年式がすぐに分かります。 ホンダの原付人気車種Dio。 原付DIOを中古で購入する時に年式やモデルが分かると購入価格が高い安い等の参考になります。 ディオはいろんなモデルが登場していますので何がどう違うのかが分からないと思いますので 分かりやすく解説をします。 それぞれの年式や特徴が一目で分かります。 乗らなくなったバイク・電動バイクなどの処分のご依頼は地元企業のFREE-BIKEにお任せください。 代 車種/愛称 形式番号 発売日 変更点 初代 ディオ SK50(A-AF18/A-AF25) 1988年1月21日 昭和63年 エンジン新設計の空冷・ 2サイクルを搭載 2代目 スーパーディオ SK50(A-AF27/A-AF28) 1990年12月13日 平成2年 デザインをスタイリッシュに 一新。 大型のフロントインナーラック を標準装備。 3代目 ライブディオ SK50(A-AF34/A-AF35/ BB-AF34/BB-AF35) 1994年1月14日...
More

オークションでバイク購入!失敗しないで購入する方法!

バイクをオークションで購入するのに失敗しない方法! バイク・自動車などオークションで購入しようとすると一番に思い浮かべるのがYHOOオークションでは ないでしょうか? 出品数が多いのと個人がバイクを出品している人も多いので業者のオークション「業者専用のバイクオークション」の ように高くありません。 オークションに出品している人の事情はさまざまなので掘り出し物やバイクショップで売っているのと同じ バイクが半値以下で買える事もあります。 バイクがほしいからといって飛びつかない! バイクが欲しい、今すぐ欲しいと思って購入すると後で、バイクのトラブルが発生し修理に出さなくては ならなくなり結果高い出費になる事がありますのでオークションで購入する場合は オークションでバイクの注意事項・詳細をじっくり検討しましょう。 オークションで売られているバイクの現状! ヤフオクで売られている原付・バイクの状態はさまざまです。 すぐに乗れるバイクから不動車まであります。 エンジン「セルスターター」「キック一発」ですぐに始動しすぐに乗れるタイヤ山も十分にある ...
More

平成28年4月1日よりバイク税金が大幅アップ!

3月31日までに廃車すれば税金は不要になります。 軽自動車税の税率(年額)が改正になります 平成26・27年度の税制改正および町税条例の改正により、平成28年度から次の通り軽自動車税の 税率(年額)が変更されます。 また、最初の新規検査から13年を経過した環境負荷の大きい四輪以上および三輪の軽自動車については 平成28年度から重課税率が導入されます。 軽自動車税の割賦期日(基準日)は4月1日です。廃車などの手続きを予定されている人は、 4月1日までに手続きを完了しないと翌年度も課税となりますので、お早めに手続きをお願いします。 平成28年度以降の税率 原動機付自転車など 車種区分 税率 平成27年度まで 平成28年度から 原動機付自動車 50cc以下 1,000円 2,000円 50cc超90cc以下 1,200円 2,000円 90cc超125cc以下 1,600円 2,400円 ミニカー 2,500円 3,700円 二輪の軽自動車(125cc超250cc...
More

バイク処分するなら今がチャンス!廃車手続き無料で代行!引取り無料!

乗ってないバイク・不用になったバイク処分いたしませんか? 4月以降もそのままにしていたら税金を支払わなければなりません。   軽自動車税の税率(年額)が改正になります 平成26・27年度の税制改正および町税条例の改正により、平成28年度から次の通り軽自動車税の税率(年額)が変更されます。また、最初の新規検査から13年を経過した環境負荷の大きい四輪以上および三輪の軽自動車については平成28年度から重課税率が導入されます。 軽自動車税の割賦期日(基準日)は4月1日です。廃車などの手続きを予定されている人は、4月1日までに手続きを完了しないと翌年度も課税となりますので、お早めに手続きをお願いします。 平成28年度以降の税率 原動機付自転車など 車種区分 税率 平成27年度まで 平成28年度から 原動機付自動車 50cc以下 1,000円 2,000円 50cc超90cc以下 1,200円 2,000円 90cc超125cc以下 1,600円 2,400円 ミニカー 2,...
More

CRF1000L アフリカツイン(Africa Twin)速報レポート!

  試乗レポートCRF1000L アフリカツイン(Africa Twin)速報レポート! ビックオフの常識を変える走破性 今話題の新型アドベンチャーモデル「CRF1000L アフリカツイン」のメディア試乗会の模様と、ウェビックバイクニュース編集長のケニー佐川による速報インプレッションをあわせてお届けします! なお詳しくは、後日「Webikeモトレポート」として動画付きでの詳細インプレッションをお届けしますので、そちらもぜひお待ちください! 新型アフリカツイン、予想よりも抑えられた車体価格 新型アフリカツインの発売が開始され、ホンダの各販売店で問い合わせも多くなっているという。当初の予想よりも遥かに抑えた1,250,000円(税別)での発表となったことも、それを後押ししているに違いない。事前にアナウンスのあった、限定品である成約特典のトリップマスターは、すでに予約分で埋まっており、その人気の高さが伺える。 プロモーション映像などですでに披露されている通り、オフロードでの走破性の高さと、スリムな車体デザイン、そしてDCTモデル...
More