新型クルーザーモデル ホンダ「Rebel 500」「Rebel 300」発表!国内発売も予定

Pocket

ホンダ「Rebel 500」「Rebel 300」発表- 米国向けの新型クルーザーモデル

2017_rebel300_style

本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは17日、ロングビーチで開催される「ロングビーチショー(IMS Long Beach)」(一般公開は11月18~20日)に先駆け、新型のクルーザーモデル「Rebel 500」「Rebel 300」を発表した。

発表されたレブルシリーズは、「SIMPLE」、「RAW(未加工の素材)」をコンセプトとし、1980年代から1990年代に生まれた北米の若い世代(ジェネレーションY)に向け開発されたモデル。『レブル 500』と『レブル 300』の車体は同一のものが使用されているが、異なる排気量のエンジンを搭載することにより、体格差や経験差など、さまざまな使い勝手に対応できるようになっている。ライダーの感性を刺激するスタイリングと、気軽に楽しめるサイズ感のバイクを目指している。

rebel_01-680x449

両モデルの特徴は、アイコニックな燃料タンク、くびれのあるナロースタイルのフレームボディー、マット&ブラックアウトに徹したパーツによって、タフでクールなイメージを表現したスタイリングになっている。
前後タイヤはファット&ワイドサイズを採用し、ナロースタイルの車体と相反する存在感をアピール。

rebel500-764x510

『レブル 500』のエンジンは471ccのDOHC直列2気筒を搭載。低排気量モデルの『レブル 300』は286ccのDOHC単気筒エンジンを搭載。吸排気、FI(ヒューエルインジェクション)のセッティングを最適化することで、パルスフィールとスロットルを開ける楽しみが表現されている。

『レブル 500/300』ともに、シングルシーターとなっているが、オプションのキットを装備することで、ふたり乗りが可能となる。

なお、日本国内ではレブル 500およびレブル 250として発売が計画している。

大分でバイク無料回収しています。どのようなバイクでも無料で回収します。
バイク無料回収。バイク処分。バイク廃車手続きなどお任せください。

大分市での原付・バイク処分のご依頼は地元企業のFREE-BIKEにお任せください。

 

222
※車両の状態によっては無料処分できない場合もあります。

メールでのお問合せ・ご依頼24時間受付けています。
バイクに関するお問合せご依頼お申込はこちら!
お問合せ