ホンダ「新車」 新世代CB 原付二種のスポーツモデル CB125R

Pocket

新世代CB 原付二種のスポーツモデル CB125R 3月9日発売 特徴とコンセプト

 

未来感が凄い スポーツモデル CB125R

CB125は未来感が凄いスタイリング!

CB125Rは、「 “SPORTS ROADSTER” Prologue バイク本来の乗る楽しさを」を開発コンセプトに、運動性能の最大化を目指し、
上質な走りの手応えを感じる乗り味を徹底的に追求

ヘッドライト、ウインカーなど全ての灯火系にLEDを採用
メーターもフルデジタル液晶。

もうすぐ義務化されるABSも採用。スタイリングもかなり洗練されています。

軽快で上質な操縦性を感じさせる車体や上質な走りの手応えを提供する足まわりを目指して、
車体には高張力鋼管と鋼板で構成された新設計のフレームを採用。フロントサスペンションには
大径φ41mmの倒立フロントフォーク、リアサスペンションにはダンパー室内のオイルとガスが混ざることを防止する、
分離加圧式リアサスペンションユニットを採用。また、路面追従性を追求するために、
軽量高剛性で柔軟性を持たせた高張力鋼板製のスイングアームを新設計した。

バイク処分 ホンダ CB125R

エンジンは水冷単気筒エンジン。
街乗りでの使い勝手が良いようにセッティングされています。

パワーユニットは、水冷・4ストローク・OHC・単気筒とし、吸排気系の最適化とPGM-FI(電子制御燃料噴射装置)の
精緻な制御により、幅広い回転数からのスロットル操作に対し、リニアな出力特性を実現している。

 

車体は、高張力鋼管と鋼板で構成された新設計のスチールフレームを採用し、各部位の剛性を最適化しながら、
軽量な車体パッケージングと高い運動性能を実現した。

足回りは、路面追従性を追求した倒立フロントフォークと、より安定した減衰力を発揮する
分離加圧式リアサスペンションユニットを採用し、高張力鋼板製のスイングアームと組み合わせることで、
乗り心地と軽快感のあるハンドリングに大きく寄与している。

メーカー希望小売価格は、448,200円(税込)

ヘッドライトは丸型モダンな雰囲気も持った独特な感じ、走行中は近未来感を感じます。

カラーバリエーションは「ブラック」「キャンディークロモスフィアレッド」「パールメタロイドホワイト」の3色を設定する。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)